近年の自動車開発では、安全性と効率性が重要課題となっています。これらの課題は車両全体だけではなく、車両内の各システムにも該当します。

熱マネージメントシステムにおいて安全性とは、車両の構成部品(エンジン、電動パワートレイン、バッテリ等)がどの車両動作点、走行モード、外気条件に対しても設計温度範囲内で動作できることを意味します。効率性とは、この課題を最小のエネルギー消費で達成することを意味します。更に室内の快適性とコスト削減を同時に考慮する必要があるため、冷却システムとHVACシステムは複雑になっています。

こうしたタスクに対し、KULIは目標達成をサポートするために開発されたシステム解析用ソフトウェアツールです。

内燃機関車両の熱マネージメントシステムの解析・最適化ツールとして25年の実績を持つKULIは、電気自動車の課題に最適なソリューションを提供します。KULI ecoは、簡単な操作でバッテリー、モーター、電動パワートレインの熱解析モデルを作成することが出来ます。空調と暖房システムのシミュレーションに必要なすべての機能を揃ったKULIは、もっとも高度で快適な電気自動車用熱シミュレーションツールです。